読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タパヌリ熱

"What do you know, pray, of Tapanuli fever?" said Sherlock Holmes. 音楽や本など、嘘や発見を書くブログ。旧ブログ http://ameblo.jp/baritsu/

ブラッドボーン、オルゴール少女イベントの真エンディング(?)

ゲーム

オルゴール少女サブイベントの真のエンディング(?)。

 

ヤーナム市街のオルゴール少女に、お母さんのブローチを渡した後の、アンチ・カタルシス的な展開。

苦労してイベントを進めた結果が、これです。

全てのプレイヤーが「……」と思ったでしょうが、現在のところ、このイベントに「ハッピーエンド」は発見されておらず、存在しないようです。

少女を助ける方法、なし。

 

しかし、ゲームのストーリーとは、語り手の用意した出来合いのものではなく、自ら体験し想像したものです。そんなイベントに、無理矢理にでも、自らの手でカタルシスを与えましょう。

 

赤月後、「一人ぼっち」といっていた少女の「姉」が出現します。

下水の豚から回収したリボンを「姉」に渡し会話を終え、窓から離れて例のセリフを聴きます。

 

そしたら窓に戻り、躊躇なく攻撃ボタンをぶっぱなしましょう

ちょっとしたリアクションがあり、若干ほのぼのした(このゲームの基準では)オチがつきます。

 

まあその後、少女の家の梯子の下のイベントがあって(使者のリボンをとりかえせる)、結局後味悪いですけどね…